薄毛になる悪習慣にビビる男性

男の薄毛対策

超怖い!薄毛が確実に進行する習慣ワースト5

薄毛対策をどうのこうのという前に、こんなことをしてたら薄毛になっても仕方ないよ、という基本中の基本のことがあります。

これが習慣になっている人も多いのではないでしょうか。

必ず薄毛になる悪習慣5位「熱いシャワーで髪を洗う」

シャンプーする際、熱めのシャワーでガッツリ洗ってはいませんか?

熱めのお湯でシャワーした方がスッキリしますよね。特に昨今のくそ暑い夏なんか、熱い方が気持ちいいです。

でもこれ、頭皮に良くないのです。

頭皮は顔と同じくらいデリケートなお肌です。

顔で想像するとわかりやすいかもしれません。
洗顔時に41~43度くらいの熱めのお湯で洗うと、肌が乾燥したり、つっぱって肌荒れの原因となったりします。
さらに、シワの原因にもなります。

これは頭皮でも同じなんです。

ポイント

熱めのお湯で髪を洗うと、頭皮の適度な油分まで落としてしまういます。

その結果、頭皮の乾燥、頭皮トラブルの原因に繋がります。

そして、それが薄毛の原因にもなっていくのです。

髪を洗う時はぬるま湯(38~39度くらい)で、ていねいに洗う事を心がけてください。

頭皮ケアのための正しいシャンプーの仕方については、こちらの記事に書きました。

 

薄毛になる悪習慣4位「シャンプーする時に力強く洗う」

言うまでもなく、頭皮にいいわけがありません。

  • シャンプーする際に指を立てる
  • 力を入れゴシゴシとこする

最悪なのが爪を立てて洗うシャンプー。
これはもう頭皮と毛根にキズをつけてしまいます。

そうなると頭皮にかなりの負担がかかり、薄毛の原因になってしまいます。

 

薄毛になる悪習慣3位「洗浄力の強過ぎるシャンプーを使っている!」

ラウリル硫酸ナトリウム」という成分を含んでいるシャンプーは、薄毛の原因になる可能性があります。

ラウリル硫酸ナトリウムは、シャンプー、歯磨き粉、石鹸、台所洗剤、洗濯用洗剤などによく使われていて、

  • 泡立ちがよい
  • 洗浄力が高い
  • 強い脱脂力がある

といった特徴があります。

脱脂力が高いため、頭皮や髪にとって必要な適度な油分まで落としてしまいます。

その結果、頭皮や髪が乾燥しやすくなり、薄毛の原因の1つになるわけですね。

市販のシャンプーをはじめ、美容室で使われているシャンプーの中にも入っているのが実情です。

このラウリル硫酸ナトリウムが、頭皮や髪にとって絶対にダメという訳ではありませんが、薄毛や頭皮を気にしている方は、ラウリル硫酸ナトリウムを洗浄成分として使っているシャンプーは避けましょう。

シャンプーボトルの裏を見ると、すべての成分が表記されています。シャンプーを買う際には、「ラウリル硫酸ナトリウム」が含まれていないことを確認してください。

注意ポイント

ラウリル硫酸ナトリウムよりは低刺激ではあるが、ほぼ等々の成分として以下のような成分があります。

  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • スルホン酸ナトリウム
  • パレス-3硫酸ナトリウム

薄毛が気になる人は、これらの成分を含んだシャンプーも使わない方がいいですよ。

 

薄毛や頭皮のためには「アミノ酸系シャンプー」がよい!

アミノ酸系シャンプーは、人の肌と同じで弱酸性です。洗浄力が強すぎず、頭皮や髪にとって優しいのが特徴です。

その反面、泡立ちが悪い、指通りが悪いと感じることもあります。

ですが、薄毛や頭皮のことを気にしているなら、アミノ酸系シャンプーを使いましょう。

 

薄毛になる悪習慣2位「毎日ガッツリ、ヘアセットをしている」

ヘアセットとは、ヘアスプレーをはじめ、ワックス、ジェルなどでガッツリ髪の毛をセットしている状態のことです。

これをやり続けていると、薄毛になる確率がかなり上がり、危険度が増します。

特にヘアスプレーは薄毛に要注意なアイテムです。
ヘアスプレーは、スタイリング剤の中でも、とくに頭皮に入り込んでしまう ものです。
スプレーはミスト状に噴霧されるため、髪の毛の奥、頭皮までスタイリング剤が付着します。 そのため、毛穴にスタイリング剤が詰まり、髪の毛の成長を害する可能性があるんですね。

仕事上、髪をガッチリ固めておかないといけない、という人は、スプレーの落とし方に気を配りましょう。

ヘアスプレーを使用した日は、必ず湯船に浸かってください。そして、頭からしっかりと汗をかいてください。

この汗と一緒にヘアスプレーの成分や、毛穴に詰まった汚れを浮かび上がらせることができます。
汗をかいてからシャンプーで洗うことで、汚れと共にスプレーの成分が落とせます。

汚れを取り除く効果に加えて、頭の嫌なニオイを消す効果も期待できます。

 

薄毛になる悪習慣1位「夜に頭を洗わずに寝る」

夜寝る前にお風呂に入らず、シャンプーで頭を洗わない人ってあまりいないと思いますが、要注意です。

飲んで帰って、面倒だからそのまま寝てしまうとか、夜お風呂に入っても頭は洗わず、翌朝、朝シャンという方がいますよね。

これが薄毛を進行させてしまう引き金となるんですよ。

カラダ・頭皮・お肌が再生するためのゴールデンタイムがあります。

それは22時~2時くらいの間だと言われています(最近は、ゴールデンタイムは睡眠に入ってからの3時間と言われるようになってきました)。

このゴールデンタイムに、髪の成長や再生を促したいの、その前にシャンプーをして、頭皮を清潔な状態にしておくことが重要なのです。

頭皮には、1日活動して付いた汗、ホコリなどの汚れがあります。人によってはヘアスプレー、スタイリング剤が頭皮に付着した状態です。

汚れたまま睡眠に入ってしまうのは、髪にとって「自殺行為」と言えるのではないですか!

 

頭皮に良い習慣を身につけましょう!

これら5つのことを改善しても、すぐ変化が出るものではありません。
しかし、重要なことは 、あなたの日常習慣から、髪にとっての悪習慣を無くすことです。

そして、髪に良いことを『習慣化すること』です。

5年後、10年後、この習慣が大きな差となり結果が出るのです。

まずはできるところから、気付いたところから改善していきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スモーキー

1955年生まれ。30代で2回転職し、40代で独立。3回目の結婚が進行中。5年前にジムで腰・太腿を痛めてからストレッチオタクに。スモーキーの詳細

-男の薄毛対策

Copyright© モテジーのすすめ”カッコよく年を取る方法” , 2022 All Rights Reserved.