バス釣りに偏光サングラスは必須

雑学コラム

偏光サングラス の見分け方:生かすも殺すも・・・

釣りでは偏光サングラスにこだわれ!

今日は偏光サングラスについて少し書きたいと思います。

ある時期私はバスプロとして、釣りをしていました。

魚を見つけたり、水中の情報を得るには、高性能の偏光サングラスは必須でした。

そのころは、偏光サングラスも5個は携帯して、光量や水の色、魚の色、深さなどに合わせて掛け替えていたんです。

まあ、まずは自分の目の色にあわせて、よく見えるとか、見やすいとか、よく見えるけど疲れるとか・・・色々なパターンがあるので、タレックスさんなどのプロショップで相談するのが基本になります。

ただ、店内や店先でのテストで、実際のフィールドではないので、そのあたりは基本的に自分に合う仕様を決める事にとどまりますが・・・

一般の方におすすめはしませんけど、私の場合は勝負に使うので、少々目が疲れてもとにかくよく水中が見える色を選定していましたね。

私が、メインで使っているのはズバリ「赤系」です。

赤系の色は、一番コントラストが強い色なんですよ・・・目は疲れますが、サイトフィッシングにはこれしかないと思っています。

あとは年齢を重ねるにつけ、老眼でラインのチェックや結び目が裸眼では見えない!

通常の生活は裸眼でもOKなのですが、近くが見えないんですよ・・・

そんな事もあり部分的にレンズを度付き加工してもらっています。

特筆すべきは、レンズ加工の位置です!

偏光サングラスの上の一部が度付きになっている

私の場合ボートで釣りをするので、突然船が揺れて視線を落とした時に、足元が歪むと非常に危ないと思ったので

写真でわかるように、一般的な遠近両用の眼鏡のような下ではなく、上にしてもらったことです。

これだと、キャップをかぶれば老眼レンズ部分は気にならず、ラインチェックの時だけキャップのツバを上げて見る!といった具合です。

まあ慣れないと使いにくい一面もありますので、そこは悩んで決めてください・・・

後は、偏光サングラスのサイドからの光を遮れば、OKです。

ここだけの話、この偏光サングラスのフレームは・・・失敗でした・・・フレームがべっ甲タイプで透けることに加え、隙間のあるフレームデザインでサイドからの光が入ってしまい、見にくいんですよ。

キャップのツバで何とか光を遮断して使っていますけどね・・・

偏光サングラスを作る際は、サイドからの光のことも考えて作ってください。

※目のいい方は、アールの強い偏光サングラスで行けますが、老眼や近視の方はアールの強い物は度付き加工ができないので、サイドの光を気にする必要があります。

 

偏光サングラスの性能を生かすために

長年偏光サングラスを使ってきましたが、いくら高性能のレンズでも、性能を100%出せない事があります。

それは、キャップのツバの内側の色です。

帽子のツバの内側が黒色

暗い色ならまだしも、明るい色だと見にくいです!

水中を凝視する際、明るい色だと反射や映り込みで見にくいんです。

わたしは、偏光サングラスの性能を出し切るには、キャップのツバの内側の色は「黒」しかないと思います。

あらゆる光を吸収する色ですからね!

偏光サングラスの性能を生かすも殺すも、キャップのツバの内側の色なんですよ!

気に入ったデザインのキャップのツバの内側の色が黒以外ならば、黒色を塗るか貼るかしています。

試してみてください。

おまけ

釣りの為のサングラスと言えば、TALEXという釣り専門のサングラス(変更グラス)のメーカー(ブランド)がおススメ。

バス釣りとか、磯釣り、アユ、フライフィッシングとか、用途別によーけあって、しかも洒落てるものが多い。
年寄りにも安心、度付きはもちろん、他ではなかなかない遠近両用もあります(笑)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

がっちょん

雑学コラムを担当。車と釣りがめっぽう好きな大阪人(50代前半)、好奇心の強さではだれにも負けまへん。

-雑学コラム

Copyright© モテジーのすすめ”カッコよく年を取る方法” , 2022 All Rights Reserved.