正しいシャンプーの仕方

男の薄毛対策

頭皮の毛穴をキレイにする正しいシャンプーの仕方

年とともに清潔感の重要性は増してきますよね、不潔っぽい中高年って家族でも嫌がられますからね(笑)

特に男性の場合、頭は超大切なポイントです。加齢とともに髪が薄くなるのは仕方ないとして、頭が臭いとか最悪です。

1日を過ごせば汗や外気の汚れが頭皮の毛穴に詰まります。その汚れをしっかり落とすことが、清潔さだけでなく、薄毛対策、抜け毛対策としても重要です。

そこで、毎日のシャンプーについて、頭皮をきれいにする正しいやり方をお伝えします。解説動画もあります。

 

正しいシャンプーの仕方は?

ポイント1

シャンプーの前にブラッシング

シャンプーに関しては、シャンプーするというより、頭皮の汚れを落とすという感覚が大切です。

シャンプーの前にブラッシングで頭皮の血行を良くし、ゴミやフケを浮き上がらせておきましょう。

 

ポイント2

お湯で頭皮をしっかり洗う

まず最初は、シャンプーをつけないでお湯だけで地肌までしっかり洗うことです。

シャンプーで洗うためにさっとお湯で髪の毛を洗い流す程度ではいけません。浮き上がったゴミやフケを洗い流し、頭皮も指の腹で入念に洗います。

これだけで、頭皮の表面や髪の毛の汚れを70~80%ほど落とすことができます

毎日シャンプーをしていて、いつもより泡立ちが良い、あるいは、いつもより泡が立たない、って感じたことはないですか?

それは最初の湯洗いがしっかり出来ているかどうかなんです。

シャンプーを付ける前の湯洗いがしっかり出来ていると、シャンプーの泡立ちも良くなります。

特に汗をよくかく夏場は、湯洗いをよーくやりましょう。そうすることで、たくさんシャンプーを付けなくてもしっかり泡立ち、気持ちよく洗うことができます。

僕の場合、1本、3,000円以上する育毛シャンプーを使ってるので、ホント、大事なんですよね(笑)
*夏は水温がも高いので、ガス代、電気代も冬よりずっと少ないので、どんどんお湯を使いましょう。

注意

お湯の温度は40度以上にはしない方がいいです。高温すぎると頭皮の必要な油分までも落ちてしまいますから。
理想的な温度は38度前後、体温よりほんの少し高めがベストです。

 

ポイント3

シャンプーは先に泡立てる

まずシャンプーをつける前に、手で水をよく切っておいてください。

シャンプーを手に取り、少量のお湯を加えて泡立てます。キメの細かい泡を立てるのがベストです。

泡立てネットを使えば、きめの細かい、フワフワの泡を立てることができます。

美容師さんは髪を洗いながら泡立てていきますが、僕のような不器用な人間には難しくて、泡立てネットを使っています(^_-)-☆

注意

シャンプーを泡立てず、直接、髪に付けると頭皮に残りやすくなるので気をつけて!

 

ポイント4

シャンプー時の基本の洗い方

シャンプー時の基本中の基本は、常に指の腹で洗うことです。

優しく疲れをとるぐらいの気持ちでマッサージするように洗いましょう。間違っても爪を立てたり、指先でゴシゴシ擦ってはいけません。

後頭部、前頭部、全体に下から上に指を動かします。できるだけだ円を描くように洗うのがコツです。

整髪料を使っているなら、よりていねいに洗ってください。

 

ここまで、文章ではわかりにくいでしょうから、正しいシャンプーの仕方に関する動画を探してみました。数ある動画の中で、ここで紹介する動画が一番わかりやすく、且つ、正しい方法でした。


中には、お湯は熱めの方がいいとか、間違ったシャンプー方法を紹介している動画もあったので、自分で探す場合は気をつけてくださいね。

 

シャンプーの仕方によっては、かゆみやフケの原因になることがあるんですよ。
詳しくはこの記事を読んで↓↓↓

 

ポイント5

よく洗い流す

頭全体を洗い終わったら、頭皮と髪にシャンプーが残らないようにきれいにすすぎます。

シャンプーのすすぎ残しは頭皮トラブルの大きな原因になるので、シャンプーをしている時間より多いぐらい、しっかりと洗い流してください。

この時も決して力は入れずにソフトにです。

 

ポイント6

シャンプー後はすぐに乾かす

濡れた状態でいることは髪の毛にも頭皮にも良くありません。

「髪の毛は自然乾燥がいい」と思い込んでいる方もいるようですが、大きな間違いです。

濡れた髪はキューティクルを傷めやすいので、素早く乾燥させる必要があります。

寝ぐせは、寝てる間に髪が少しずつ乾くことでついてしまうものです。寝ぐせにならないためには、シャンプー後のタオルドライを徹底し、ドライヤーで手早く完全に乾燥させてしまうことです。

 

ポイント7

ドライヤーの上手な使い方

ドライヤーの熱風は髪をパサパサにして痛めてしまうことがあります。上手なドライヤの使い方を覚えましょう。

基本的なドライヤーの使い方

髪に温風を当てるとキューティクルが開き、保湿成分が蒸発します。
逆に冷風だと、キューティクルが閉じて保湿成分をキープします。

温風と冷風を使い分けながら乾燥させていきましょう。

ドライヤーの前に必ずタオルドライを

洗髪が、タオルで髪の水分を十分に吸い取らせます。おおよそ「8割はタオルで」ぐらいの気持ちでタオルドライします。

この時、あまりゴシゴシやると、髪同士が擦れ合って傷つくことがあるので気をつけてください。

乾燥は根元から

髪を小分けするように持ち上げ、根元から乾かします。

ドライヤーは20㎝ぐらい離すようにしてください。温風は1カ所だけに長くあてないようにしてください。

温風+冷風で毛先ケア

髪の根元を乾かしたら、次に毛先を乾かします。毛先をつまみながらドライヤーを当てます。

温風と冷風を交互に使うことで、キューティクルを保護するようにしましょう。

ポイントは、素早く乾燥させることです。

 

まとめ

我流の頭を洗うという感覚から、正しいシャンプー方を身につけるという意識改革が、髪と頭皮の様々なトラブルを防いでくれます。

見た目にも清潔さが大事だと毎日シャンプーしていても間違ったやり方だと、髪は地肌にダメージを与えるばかりで逆効果になっていることを自覚しましょう。

シャンプー時に指先や爪でごしごし洗うのは頭皮を傷つけてるだけで、自分でトラブルの原因を作っているようなものです。

抜け毛対策、薄毛対策として、また、見た目からも清潔でいるために、正しいシャンプーの仕方を習慣にしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スモーキー

1955年生まれ。30代で2回転職し、40代で独立。3回目の結婚が進行中。5年前にジムで腰・太腿を痛めてからストレッチオタクに。スモーキーの詳細

-男の薄毛対策
-, ,

Copyright© モテジーのすすめ”カッコよく年を取る方法” , 2022 All Rights Reserved.