超ベテラン美容師直伝ふけ対策シャンプー法

https://mote-gee.com

清潔感は絶対条件

かゆみやフケが出る頭皮を正常に戻す「10倍薄めるシャンプーの仕方」とは

フケが出る!フケが多い! ウ~ッ、頭がかゆい!!

でも、思わずかいてしまうと、フケが落ちるだけでなく、頭皮も傷つけてしまい、フケ量産スパイラルという最悪状態になってしまいます。

洗髪の時も気をつけないと、頭がかゆいからと言って、爪を立てて洗ったり、めちゃくちゃしつこく洗ったり、シャンプーを必要以上つけて洗ったりするといけません。

また、シャンプーの濯ぎ不足も、フケ・かゆみを引き起こす場合があります。

それと、かゆい部分を徹底的に洗いまくってしまうと、頭皮に傷がついて、ばい菌が入ったり正常な頭皮に戻すために病院のお世話になることもあるので、とりあえず「かゆくても我慢」して一日一回正しいシャンプーをするのが基本です。

ここでは、超ベテラン美容師が教えてくれた、フケや頭のかゆみを抑えるシャンプー方法をお伝えします。

フケとかゆみを止めるシャンプー方法とは

私の場合は、年齢も50代後半に差し掛かったころ、冬のある日を境にフケが大量に出だしました。

シャンプーも結構高級の髪と頭皮に優しい自然由来の物を使っていました。しかも必ず一日一回はシャンプーしていたのですが、フケが出だしたのです。

これはいかん!!!と、当時フケとかゆみには「メ○ッ○シャンプー」も試しましたが、だめでした・・・

そこで、今は亡き母が当時現役で美容師をしておりましたので、相談してみることにしました。

私の頭皮を見た母は、「これはストレスかも知れんなぁ」とつぶやいた後に頭皮に傷ができている事と、乾燥している事を私に告げ、頭皮の環境を正常に戻すためのシャンプーのやり方を店で教えてくれました。

頭皮を正常に戻すためのシャンプーのやり方は簡単

  1. まずは、ぬるめのお湯のシャワーを当て、約1分ぐらい爪を立てずに指の腹を使い、マッサージするように端から端までをいつもの感覚の20%ぐらいの力で優しく頭皮を洗います。
  2. 【重要】別容器に10倍に薄めておいたシャンプー*(ノンシリコン・自然由来の、ある程度良い物)を適量手に取って、本当に優しく(いつもの感覚の20%ぐらいの力で)頭皮を洗います。
  3. シャワーメインで、しっかりと、すすぎます。
  4. 軽くリンスをしてすすぎます。
  5. タオルで拭いてドライヤーでしっかりと乾かす*。 以上

※10倍に薄めておいたシャンプー適量とは、泡立つ最少量です・・・何回かやると量はわかると思います。

※ドライヤーでしっかり乾かすのは、頭皮に傷などのダメージがあると残った水分で雑菌が繁殖するリスクが高くなるからです。頭皮状態が改善すれば、そこまでドライヤーによる完全な乾燥は意識しなくても良いし乾かしきらない方が良いです。

【重要】なぜ10倍に薄めるのか

【重要】なぜ10倍に薄めるのかを聞いたところ、シャンプー自体は結構強力な洗浄力を持っていて、原液をそのまま使うと、つけた場所がダメージを受けることがあるとの事でした。

私の場合、たしかにいつも最初にシャンプーを付ける場所は無意識のうちに決まっていて、そこががかゆくなっていたことにも気づきました。ひどい場合はその部分がハゲてしまうこともあるとか・・・恐ろしやです!

さらに、最初にぬるま湯だけでしっかりと洗うことで、ほとんどの汚れは落ち、その後のシャンプーの量は少なくても済む事も教えてくれました。

また、髪の長さや量にもよりますが、一般的にシャンプーを適量以上使っている人がほとんどで、適量を正しく使っている人は少ないそうです。10倍に薄める事で、自分の適量を微調整しやすくなると言います。

最初は商売上、必要以上のシャンプーを使わないために始めたことだったのですが、結果的にお客様の頭皮と髪をケアすることに繋がつていたとも聞きました。

さすが美容師歴60年の母の言葉には説得力がありましたので、続けることにしました。

10倍に薄めたシャンプー法(勝手に命名)の効果とは

私の場合、効果は始めて3日目ごろから現れました!2日目まではかゆみを我慢していましたが、かゆみが出なくなってきました。そして、フケの方も軽減されてきました。

10倍に薄めたシャンプー法も1週間ぐらいで慣れて板についてきたころには、頭皮環境がだいぶ改善されたのか、フケもかゆみもほとんどなくなってきました。

2週間たったころには、フケやかゆみがあったのを忘れるぐらい快調になりましたよ。

早速母に見てもらいましたが、かなり良くなってきているといっていました。

こんな事なら早く相談して、「10倍に薄めたシャンプー法」を実践するべきでした・・・当然今も続けていますよ。

今では亡き母に感謝するとともに、フケやかゆみで悩んでいる方に実践してほしいと思っています。

フケの原因と種類

どんな健康な人にでもフケは発生します。フケは頭皮から出る老廃物で、約1ヶ月のサイクルでターンオーバー(新陳代謝)という機能で生まれ変わる時に古くなった頭皮の角質が皮膚の奥から押し出され、剥がれ落ちたものがフケなのです。

通常のターンオーバーで発生するフケは1日一回、頭を洗えばで取り除かれるため、目立つことはありませんが、フケが多いのは何故なんでしょうか?

それは、頭皮環境が正常でなく、ターンオーバーのサイクルが崩れてしまっていると言う事なのです。

フケの種類は大きく脂性フケと乾燥フケの2種類です。

脂性フケ

脂性フケは50歳くらいまでの若い人に多いです。季節的には夏場に多くなります。

特徴:べとべとしていて、時には塊になって落ちたり頭皮にはりついたりします。

原因:皮脂が多く分泌していたり、頭皮までしっかり洗えてなかったり、すすぎ不足などです。

乾燥フケ

乾燥フケは、モテジー世代の50代後半くらいから多くなります。季節的には冬場が多いです。

特長:乾燥していて細かくパラパラと落ちます。

原因:頭皮が乾燥していたり、洗いすぎなどです。

あとは、食生活や睡眠不足、ストレス、紫外線なども原因になる場合があると言われています。

フケに伴うかゆみ

頭がかゆい

フケが多いと、かゆみを伴う事も多くて、思わずかいてしまうと、さらに「フケ」が落ちるだけでなく頭皮を傷つけてしまい最悪のフケスパイラルに陥ってしまいます(私がそうでした)

シャンプーの時に強く洗いすぎるのが主な原因ですが、かゆい部分は汚れが溜まっているか、傷がついています。汗をかいたりすると特にかゆくなったりしますが、頭皮の環境が悪いと思って間違いありません。

その場では絶対にかかないで、お風呂で正しいシャンプーをしましょう!

フケとかゆみを克服したシャンプー方法 まとめ

「髪の毛なんて、週1しか洗ってないよ」と言う時点で、モテジー失格の不潔な人ですが、そんな方は、まず毎日洗髪して頂くとして・・・

毎日洗髪しているけど、フケと痒みに悩んでいるのであれば、早速シャンプーを10倍に薄めて、洗髪してみてください。ただ10倍に薄めるだけでも、頭皮のダメージはかなり改善すると思います。

シャンプーは、自然由来の頭皮に優しいものであれば、なんでもOK!です。シリコンが入っているものや、スーッとするトニック系はNGですので、気をつけてくださいね。

年齢的に多い乾燥フケの対処法を中心に書きましたが、頭皮環境を整えるという意味では、脂性フケでも同じやり方でOKです。

これでも改善しない場合は、他の原因(頭ジラミ症・接触性皮膚炎・アトピー性皮膚炎脂漏性皮膚炎など)も考えられますので、皮膚科で診てもらうことをお勧めします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まさか18

生涯一デザイナーを座右の銘とする60代の若造です。 仕事は、大阪でWebやグラフィックのデザインをやってます。 何かにつけ、これは面白いと思ったら突き詰めるタイプ。 良いか悪いかは別にして、結構なんでもやってます。

-清潔感は絶対条件

Copyright© モテジーのすすめ”カッコよく年を取る方法” , 2022 All Rights Reserved.